立命館小学校の視察に | 茨木市議会議員 米川勝利のWEBサイト


2019年11月20日

立命館小学校の視察に

ご縁あって、18日は立命館小学校の視察に行かせていただきました。
ICT教育メインの視察です。

立命館小学校は、日本で3校(私立では唯一)Microsoft Showcase Schools に認定されている小学校。世界で150校。
http://www.ritsumei.ac.jp/primary/news/detail/?post_id=119

5年生からSurfaceを1人1台持っています。
(来年3年生から)
タブレットでは「アプリを使いこなせるようになるだけ」なので、創造的な学びをするためにキーボードが付いているものを選んだそうです。
(なお、これからは教育現場においては、使い方次第ではあるがiPadは時代遅れで、クロームブックの時代だとお聞きしました)

さて、授業で見せていただいたのは、
ものづくりゲームのマインクラフト (Minecraft:Education Edition)を使った5年生の授業。
各グループが作ったモノの発表でした。
課題解決型学習。
https://japan.cnet.com/article/35114562/

それと理科の授業。
先生がOneNoteで出したものが共有フォルダに入っているため、
各自そこから開いて画面に出し、そこに出書きもしくは打ち込んでノートを取るという授業でした。
教卓はデジタル教卓。
こんな感じの物。
https://ict-enews.net/2018/05/28monline/

あとは校舎内の見学をさせていただきました。
クラスごとの出入口(仕切り)がなく、オープンスペースが各クラスに設けられていたり、
教室の向かい側にガラス張りの学年の職員室があったり、
お茶室、小ホール、ロボティクス科の部屋、所蔵4万冊のメディアセンター
・・ とびっくりするような校舎でした。

コミュニケーションルームは、机ごとにプロジェクターを壁がホワイトボードになっているところに映し出し、
書き込みながらディスカッションができるようになっています。
大型プロジェクターでオンライン教室などもされるようです。

最後に、EdLogクリップ採点支援システムは衝撃でした。最近は本当にすごい。
https://jpn.nec.com/printer/laser/solution/workstyle/saiten/index.html
教員の採点の負担がかなり変わると感じました。