活動記録 | 茨木市議会議員 米川勝利のWEBサイト


カテゴリー「活動記録」のブログ記事一覧

2022年12月31日

2022振り返り

今年も残すところあとわずかとなりました。

ブログを書きながら、今年の出来事を思い返しています。
順不同ですが、「■」で項目に分けて、残していきたいと思います。

■コロナにかかって
今年一番の個人的な事件は、3月末にコロナにかかり、その後遺症でしばらく本当に体調崩していたことでした。
今思えば、3~4か月まともな生活を送れていなかったように思います。

しかも本をあまり読めなくなったことも致命傷でした。
年始は友人や先輩にご紹介いただいた
 ●濱島淑惠『こども介護者』
 ●山本芳久『世界は善に満ちている~トマス・アクィナス哲学講義』
 ●NHK100分de名著『ル・ボン 群集心理』
 ●小川榮太郎『作家の値うち』
を読んでいましたが、
コロナにかかってから、集中力が無くなり、活字が中々頭に入ってこない。

5月、6月にはオンラインで講を2つさせていただきましたが、
「話す」方も頭が回らず、質問を受けてもきちんと理解して答えているような感覚がありませんでした。


■図書館レファレンス
でも頭が回らない分、市立図書館で、こんな文献、論文、記事ほしいとレファレンスでお願いして、度々取り寄せました。
ガバナンスなどの行政雑誌は何とか読めて、文献も〇章のみとかですと何とか理解できました。
今年はかなりレファレンスを利用させてもらいました。
「こんなテーマの概要が説明されているもの」「こんなエビデンスがある資料を」と言えば、多岐にわたってすぐに揃えてくださいます。

図書館にまだ消毒機が導入されていないことだけは今年の心残りですが、来年は新施設の中に中条図書館も移転しますし、益々知の拠点として、市民の役に立つ図書館をめざしてほしいと思います。

■主な議会質疑
3月
 〇本会議
 ごみ処分費高騰対策、障害児の通学支援、小中学校の臨時休校時におけるオンラインミーティング・オンライン授業実施体制について(回線強化)
 〇委員会
 ガバメントクラウド、公民連携係、
 ※文化・子育て複合施設に関して、委員会で附帯決議をしました。
 茨木市議会で初めてだったと思います。

6月→後遺症のため、本会議質問できず(委員会は例年、6月は開催されていません)

9月
 〇本会議
 かしの木園の方針転換について、来年度の支援教育について
 〇委員会
「書かないワンストップ窓口」の導入について、定年延長と中長期的な新規職員採用について

12月
 〇本会議
 かしの木園の就労移行支援の方向について、メインストリートと駅前の空間整備について
 〇委員会
 個人情報保護条例の制定について、人事制度改革について、転出入の理由調査について


毎回、ギリギリまで悩みながら質問席に立っています。
本当にこの発言が市民のためになるのか。
問題意識は明確か。
根拠は正しいか。
この表現で行政に対し、伝わるか。共感してもらえるか。
そんなことを思っています。終わってから毎回反省。


■要望関係
多岐にわたり、お問い合わせいただいた市民のみなさんには御礼申し上げます。
ご了解いただいたものについては、つながりだよりに項目を掲載しています。
市民の声があってこその市政です。

ところで、議会質疑は議員としての活動の一部であり、
普段は各担当課と控室やその課でやり取りしながら、市民のみなさまからのもの、自分自身がこれだと思うものを提案・要望しています。

議場という公式の場での発言も、議員の質問権という意味で非常に重要だと考えますが、公式・公開の場でない普段からのコミュニケーション、議論も私は重視しています。
今年も市職員のみなさんには、いろいろとお付き合いいただきました。感謝です。

■後追い
以前に要望を受けたこと、議会で質問したことの後追いをすることが今年は多かったように思いました。
そして、それは反省でもあります。
例えば数年前に考えたことが、今見返すと何と浅はかな…と思うこともありますし、情報をアップデートして、エビデンスを強化していく必要があると感じました。
もうすぐで議員活動丸10年が終わろうとしており、自分の活動を見直していかねがと思っています。


■総務常任委員会
今期から、委員会が2年制になり、今2年が終わろうとしています。
委員長が2年目に議長になったこともあり、私は2年目から副委員長をさせていただきました。
委員長の下野議員には大変良くしていただき、指導いただきました。
コロナ禍でストップしていた委員会視察も再開され、埼玉県鴻巣市のシティプロモーションについて視察後も議員間討議や「まち魅力発信課」へのヒアリングを委員会として実施しました。


■議会ニュースのリニューアル
今年も定例会ごとに発行しました(年4回)。
大学生の力を借りて、デザインをリニューアルしました。
文字が多くならないよう、そして小さくならないよう気を付けてはいるのですが、どうしても文字量が増えてしまうジレンマ。

本当は2種類作って使い分けをすればよいのかもしれませんが、紙媒体を発行するのは、議員として「言葉に責任を」ということを感じています。ですので、そこまで手が回らないのが本音(言い訳)です。


■更生保護~BBS会
入会して10年目を迎え、昨年度にはそろそろ辞めて
大学生のみなさんにお任せしないとと思って今年も活動させていただきました。
青年(学生)ボランティア団体なので。
今も顧問をしています。

今年度はだいぶ行事も戻り、
研修会企画や浪速少年院見学など段取りさせてもらいました。
また来年度の体制に向けても、
事務局にお知恵を借りながら可能な範囲で役員のサポートしています。

BBS会は法務省のホームページにも載っているほどの更生保護のボランティア団体ですが、
茨木BBS会の事務局は、なんと茨木市地域福祉課。
他地区のBBS会ではないと聞いています。
私が入会した時から事務局が役所でしたが、ここは本当に当会の強みの1つであろうと思っています。
普通、学生主体の団体の事務局を「公」が担っている団体はそうないかと。

更生保護関係団体のみなさまにも
ご支援いただきながら何とか当会は運営できています。

来年は安定だけでなく発展できるような会になればと願っています。

■茨木高校久敬会
行事委員のメンバーとして、総会や講演会の運営のお手伝いをさせていただきました。
諸先輩方のお話を伺ったり、交流があったりで本当に勉強になります。
また、本格的にオンライン配信も始まり、接続~配信操作も勉強させていただいています。


■ミライバ
高校生と交流も続けて行っています。
未来を考えるきっかけとなればと思っています。
今、中学生の子たちにも、高校生になったら来てねと宣伝しまくっています。

■大学 ゲストスピーカー
今年の前半にオンラインで日本福祉大学の田中優先生の講義にお招きいただきました。
秋に、大学院の同期の湯浅先生にも呼んでいただきました。
いずれも議会の役割や茨木市の事例をご紹介。

11月からは田中先生が関西大学で持っておられる演習で、
政策提案のテーマ提供と、院生さんを地域や市役所につないで一緒にヒアリングなどをさせてもらっています。
1月に最終発表会があり、コメントする側としてお邪魔する予定です。


■選挙応援
初めて群馬県沼田市、愛知県あま市へ。
仲間のため沼田市議選、あま市長選挙の街宣のお手伝いに行きました。
選挙応援すると自分自身の勉強にもなりますし、次の選挙に向けて感覚を研ぎ澄ます良い機会になります。
来年4月は統一地方選挙があるため、各地へ赴きます。

■報告会開催予定
2月11日に報告会と座談会を行う予定です。
1月発行のつながりだよりに、詳細を掲載します。
コロナ禍でしばらく行っていませんでしたので、3年ぶりとなります。
状況が許せば、ぜひお越しいただきたいと思います。



今年もお世話になりました。
良いお年をお迎えください。






2022年11月9日

浪速少年院見学

今日は茨木BBS会として、日本最古の少年院である浪速少年院参観(見学)をさせていただきました。茨木市の郡にあります。
会員の学生さん7名と参加。

コロナ禍で見学の受け入れをストップされていたようですが、
久しぶりの受け入れだったそうです。
院長自らご説明いただき、恐縮でした。

〇少年院に入る少年の数は年々減少していて、
全国では、少年院が閉鎖されていっているようです。
浪速少年院も最近は70人を切っている状況。

〇コロナ禍で少年院の中での行事や外部講師のサポートなど、
さまざま止まってしまっていたのが、徐々に戻しつつあるようです。

〇浪速少年院では矯正教育として生活指導、職業指導、教科指導、体育指導、特別活動指導が行われています。

職業指導では、ハローワーク講話、キャリアカウンセリング
電気工事、溶接、アグリコースなどがあります。
溶接の方は来年廃止して、ICTを学ぶ方向に変えるそうです。

〇前回見学した時には印象には残っていませんでしたが、
1日3食の食材費が513円で、物価高騰の関係で非常に厳しいということをお聞きしました。それでも栄養価は基準を満たさなければなりません。
額にも驚きで、一切他の予算を流用できないような旨もお聞きしました。
今日のニュースで、法務大臣が「法相は朝、死刑のハンコを押し、昼のニュースのトップになるのは、そういう時だけという地味な役職だ」とおっしゃったそうですが、法務省には、少年に矯正教育を行う施設運営にも思いを馳せていただきたいと感じました。

〇同様に、施設内にはビニールハウスがあり、以前は農作物を育てていたそうですが、燃料費高騰の関係で使っていないとのこと。(畑では野菜が作られていました)
せっかくの財産、何か良いアイデアはないかと感じました。

〇出院後の自治体との連携は必須だと思います。すでにされているところもあるようですが。
少年院がある地元自治体、少年の地元自治体と連携して、
少年院出た後も丁寧なサポートを…
もう少し調べてみたいと思いました。

後日加筆もしていきたいと思いますが、一旦ここまでで。

2022年10月12日

地区体育祭

9日は、中津校区地区体育祭が3年ぶりに開催されました。
ご準備をされた地域の皆様のご努力に感謝いたします。
議員として、また住民の一人として参加させていただきました。

なかなか地域の方と一堂に会する機会がありませんので、貴重です。
お元気にされているかな?と思う方にも会えたり
体育祭という楽しい雰囲気の中、いろんなお話を伺えたりします。

個人的のことでは、長女・長男と初めての競技参加で思い出となりました。

2021年11月12日

つながりだよりVol.33できました

いつもより少し遅くなりましたが、つながりだよりVol.33を発行しました。
こちらから閲覧できます。
https://www.s-yonekawa.net/pdf/tsunagu33.pdf

2021年8月5日

つながりだよりVol.32発行しました

つながりだよりVol.32を発行しました。
こちらからご覧になれます
https://www.s-yonekawa.net/pdf/tsunagu32.pdf

2021年7月25日

施設見学~さんさん山城

2週間経ってしまいましたが、
京都府京田辺市にある障害者就労継続支援B型事業所の「さんさん山城」の見学をさせていただきました。

ずっと見学したくて、なかなか行けないままだったんですが、
市民派議員研修会のプログラムに入っていたのを見てこの機会にぜひと思って申し込んだ次第でした。

農福連携の先進事例です。

農福連携とは、「農における課題、福祉(障害者等)における課題、双方の課題を解決しながら、双方に利益があるWin-Winの取組…それが『農』と『福祉』の連携、農福連携」(農水省制作動画より)とされています。

〇こちらの事業所では、2011年に聴覚障がい者の方の居場所のためにという想いで開設
〇毎日20人ほどの農業、食品・菓子加工、カフェ、縫製・工作、販売などの作業を行っておられます。
〇ろう者や難聴者だけでなく、知的障害、精神障害のある方も利用されているようです。(研修の際にはEテレで放送された内容を拝見しました)
〇こちらで生産している宇治茶はJA等に出荷、京都えびいもは有名料亭でも使われ、2017年から始めているコミュニティカフェのランチで「えびいもカレー」で販売されていたり。

〇地域の方々がよく訪れる場所!

〇政府の「農福連携等推進会議」の有識者として参加〇国連の「SDGs済州国際会議」で報告

〇対外的にもご活躍でメディアでも多数取り上げられています。

農福連携は、これからの農と福祉施策の重要なテーマの1つになると考えています。ぜひ一度、農水省で紹介されているの農福連携の動画をご覧ください。

ろう者の方々とも最後にお話しできましたが、みなさん表情と雰囲気が素敵でした。

▽農水省の動画
https://www.youtube.com/watch?v=OxXv7nCVqiI

▽さんさん山城さんのHP
http://www.kyoto-chogen.or.jp/…/sunsunyamashiro/index.php

2021年2月25日

スカイレストラン閉店後の弁当販売事業者募集

3月25日で市役所南館9階の
スカイレストランは閉店となりますが
その後、暫定的に弁当販売を行うこととなりました。
募集の詳細は以下の通りです

個人的には、前に議会でも申し上げましたが、
堺市役所のように、障害福祉の就労継続支援B型事業として食堂の運営がされたらいいなとか、

せっかくある厨房を使って、「シェアキッチン」の取り組みのように
出店を考えておられるような方に期間や回数限定でも貸出をするとか
そんな取り組みも併せてぜひやってもらいたいと思っています。


2021年1月25日

当選いたしました

1月24日投開票、茨木市議選において
3296票をいただき、当選いたしました。

託してくださったみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。
(ただ、公選法で文書では当選御礼を本人が書いてはいけないようなので、どうぞご理解ください)

維新のみなさんが強かったです。
私は前回よりもいただいた票が下回りました。

反省しつつ、ご期待に応えられるようしっかり仕事でお返ししてまいります。

これからもお声を米川勝利にお寄せください。

▼選挙結果(選挙ドットコムホームページ)
https://go2senkyo.com/local/senkyo/20282

2021年1月19日

選挙期間中のビラ

法改正で選挙期間中に配れるようになった紙媒体(選挙運動用ビラ)。
茨木市議選においては初実施。上限は4000枚。
一部、本日の新聞の折り込み広告にも入れさせていただきました。

2021年1月17日

立候補しました!

【茨木市議会議員選挙】
本日から市議選始まりました!
たくさんの方に支えていただき、今日立つことができました。

3期目のチャレンジ。
コロナ禍の選挙ですが、ご理解・ご協力いただけましたら幸いです。
そして、無所属ですのでお一人お一人のつながりが頼りです。
米川勝利へのご支援よろしくお願いします!


▽米川勝利ホームページ
https://www.s-yonekawa.net/