議会 | 茨木市議会議員 米川勝利のWEBサイト


カテゴリー「議会」のブログ記事一覧

2021年9月8日

本会議質疑②~防火扉

本会議での2つ目の質疑です。

■小中学校の防火扉
昨年末、NHKでも取り上げられたようですが、
小中学校の防火扉の点検結果と対応について質問しました。

まずは現状を聞いたところ、以下の答弁。

●公立学校における防火設備の主な形状と設置数について
小中学校に設置されている防火設備の主な形状として、防火扉、防火シャッター、耐火スクリーンがあり、設置数は合計791ヶ所。

●点検方法と頻度について
 防火設備定期検査として、資格者による目視、触診、動作確認の検査を業務委託により、年1回実施。

●過去の点検経過と結果について
防火設備定期検査は、平成28年6月の建築基準法の改正に伴い制度化されたもので、本市では平成30年度から検査。
検査結果で不具合を指摘された箇所は、平成30年度63ヶ所、令和元年度109ヶ所、令和2年度154ヶ所。


そこで、
・要はちゃんと機能しない、閉まらないということだと思いますが、「不具合」って何なの?という確認と、
・何で指摘箇所増えてるの?どんな対応をしてきた?
・今後の対応は?
を聞きました。

答弁
・主なものとして、扉が閉まりにくいなどの閉鎖不良、機械設備の劣化などの動作不良のほか、蓄電池の交換期限切れなどがあげられます。

・不具合箇所数が増えた要因について
対応につきましては、できる限り安全を確保できるよう、動作不良など緊急性が高いものから順に、調整、部品交換などの修理対応を行っております。
不具合箇所数の増加の要因としまして、平成30年度から新たに防火設備定期検査を実施しておりますが、年々、業者の点検精度が上がったことが考えられます。
また、令和2年度は、緊急性の高い動作不良のある建具について、43箇所の調整、部品交換を実施しましたが、同一箇所に新たに閉鎖不良が見つかったものもございます。

・今後の対応について
安全を確保するため、動作不良など緊急を要するものは速やかに対応するとともに、建具の閉鎖不良など時間がかかるものについては、どのような手法が迅速かつ適切であるか、専門的見地から検討を行い、順次、対応してまいります。

2021年9月5日

本会議質疑①~オンライン授業の基盤

9月議会、議案審議2日目に登壇。
コロナ関係のテーマも考えましたが、
今回は別の観点で、3点質疑をさせていただきました。

①小中学校のオンライン授業実施基盤の強化を
これまで私は大きな勘違いをしていました。
昨年まで進められてきたGIGAスクール構想事業で、端末やネットワークの強化がされてきましたが、
実は、臨時休校となった時のオンライン授業については、実施できる環境にはなっていませんでした。

もちろん、夏休み明けは各校にWi-Fiルータを貸し出してそれで対応してきたようですが、
児童生徒が使うインターネット回線は強いものの、
学校教員が使う端末からのインターネット回線は脆弱なものであることがわかりました。

今後に備え、増強を要望する質問でした。



2021年6月18日

地震から3年&人間の次元

大阪北部地震から3年が経ちました。

以下、まとまりのない文章ですが…

この3年は本当に濃かった。
昨年からのコロナ禍の影響もあいまって

災害時、有事に
議員は何ができるだろうと考え、行動しています。
でも思いが至らず、失敗することもあります。
現在進行中のワクチン接種事業においても
自分自身、反省することが多くて悔しいです。

他方、茨木市では目下、新施設(新市民会館)の建設が進み、
阪急茨木市駅西口の再開発という大きな課題を検討中です。
(JR茨木駅西口、安威川ダム周辺整備などもありますが)

茨木のまちが大きく変わろうとする重要な局面。

3月議会で先輩議員の質問から気づきをいただき
6月議会で、モヤモヤに対する1つの答えを見出しました。

まちなかを歩き、見る中で、
これまで漠然とした違和感を抱いてきました。
家電量販店の跡地にマンションが建つ
大型スーパーの駐車場にもマンションが建つ
阪急西口にも高層マンションが検討されている
色味が突出した建物ができた
など、本当に良いのかと思いつつ
理性的な理由だけでは100%解決しない漠然とした「違和感」に
向き合ってこなかったのかもしれません。

でも、先日も少し触れたヤン・ゲール。
『人間の街~公共空間のデザイン』の中で、

「人間の次元=人間の身体や感覚に即した空間尺度」

という概念から始まり、

「建物と都市空間はどんどん大規模になっているが、それを使う人間は相変わらず小さい」

「人びとが心地よく街を歩き、自転車を利用するには、良質な人間的スケールの原則を都市構造の不可欠な一部にする必要がある。
今後、多くの理由から、私たちは多くの大規模な複合施設や巨大な高層建築を建設しなければならないだろう。
しかし、人間的スケールを無視する道を選んではならない。
人間の身体、感覚、移動特性は人間のための良好な都市計画を実現する鍵である。
すべての答えは私たちの身体に内蔵されている。
求められているのは、美しい低層部を持った高層建築を建て、目の高さにすばらしい街を実現することである。」

とありました。

久々に文献を読んで、ガツンときた文章でした。

なんのことはない、答えは僕らの身体に内蔵されている。
違和感を言語化できてスッキリしました。

3年という節目に、
たくさんの先輩方、同僚、仲間に
恵まれていることを感謝しつつ

茨木を良くすることに貢献できるよう
頑張りたいと思いました。

2021年2月10日

臨時会閉会

今期最初の議会が閉会しました。

各会派から1名で構成される役員選考委員会で一致し、
議長は河本議員(公明党)
副議長は福丸議員(自由民主党・絆)となりました。

コロナウイルスワクチン接種の実施に向けた体制構築のための
「補正予算第11号」(市長の先決処分)

これの承認も行われました。

私は総務常任委員会の所属
土地開発公社理事となりました。

2021年2月8日

臨時会開会

市議会の臨時会始まりました。
案件は、役員選考と人権擁護委員の選任、1月の市長の専決処分の承認などです。
10日までの予定です。
https://www.city.ibaraki.osaka.jp/material/files/group/73/gijinittei-R03_0208.pdf

2021年1月12日

つながりだよりVol.30発行

2期目最後の議会ニュース、「つながりだよりVol.30」を発行しました。

今回は委員会の質問の一部(オモテ面)と、
2期目に行った主な議会質問や要望のまとめ(裏面)を掲載しています。

以下のURLから見ることができます。
https://www.s-yonekawa.net/pdf/tsunagu30.pdf

2020年8月6日

議会iPad研修 ペーパーレス化も視野

議会でiPad研修がありました。まずは市からの情報提供、

そして今後は議会のペーパーレス化も視野に導入されたものです。毎度、市職員は各議員(会派)に報告に来てくれてはったので、負担軽減につながると思います。資料はサイドブックスというアプリで閲覧して、線引いたりメモ書いたり、全文検索できたりします。

なお、市が管理する備品なので、今のところ自分でアプリは入れられません。

2020年6月15日

コロナ対策第三弾の補正予算

コロナ対策第三弾の補正予算は金曜に全会一致で可決しました。今日からもう一つの補正予算の審議で、私も5番目に質問します。持ち時間は10分。

1人1台端末のGIGAスクール構想と、公園の遊具の安全確保について取り上げます。なお、小中学校の通常授業再開に伴う感染症対策や熱中症対策、コロナ禍における避難所対応については担当課に要望をしています。

2020年6月9日

6月議会スタート

今日から6月議会スタートします。提出予定案件は以下から見れます。コロナ対策第三弾と通常の補正予算案2本が市長側から提案され、審議します。

2020年5月26日

6月議会の議案説明

6月議会の議案説明がありました。今回は補正予算が二段構え。コロナ関係を6/12に審議、議決して、それ以外の補正予算を6/15以降に審議、議決する予定です。下記の項目以外にも、多くの項目の対策がありますので、また追ってご報告します。10万円給付については、5/25時点で8万3千件の申請(65.2%)。オンライン申請は4500件強のうち、今日1600件振込。とのことでした。