議会 | 茨木市議会議員 米川勝利のWEBサイト


カテゴリー「議会」のブログ記事一覧

2021年6月18日

地震から3年&人間の次元

大阪北部地震から3年が経ちました。

以下、まとまりのない文章ですが…

この3年は本当に濃かった。
昨年からのコロナ禍の影響もあいまって

災害時、有事に
議員は何ができるだろうと考え、行動しています。
でも思いが至らず、失敗することもあります。
現在進行中のワクチン接種事業においても
自分自身、反省することが多くて悔しいです。

他方、茨木市では目下、新施設(新市民会館)の建設が進み、
阪急茨木市駅西口の再開発という大きな課題を検討中です。
(JR茨木駅西口、安威川ダム周辺整備などもありますが)

茨木のまちが大きく変わろうとする重要な局面。

3月議会で先輩議員の質問から気づきをいただき
6月議会で、モヤモヤに対する1つの答えを見出しました。

まちなかを歩き、見る中で、
これまで漠然とした違和感を抱いてきました。
家電量販店の跡地にマンションが建つ
大型スーパーの駐車場にもマンションが建つ
阪急西口にも高層マンションが検討されている
色味が突出した建物ができた
など、本当に良いのかと思いつつ
理性的な理由だけでは100%解決しない漠然とした「違和感」に
向き合ってこなかったのかもしれません。

でも、先日も少し触れたヤン・ゲール。
『人間の街~公共空間のデザイン』の中で、

「人間の次元=人間の身体や感覚に即した空間尺度」

という概念から始まり、

「建物と都市空間はどんどん大規模になっているが、それを使う人間は相変わらず小さい」

「人びとが心地よく街を歩き、自転車を利用するには、良質な人間的スケールの原則を都市構造の不可欠な一部にする必要がある。
今後、多くの理由から、私たちは多くの大規模な複合施設や巨大な高層建築を建設しなければならないだろう。
しかし、人間的スケールを無視する道を選んではならない。
人間の身体、感覚、移動特性は人間のための良好な都市計画を実現する鍵である。
すべての答えは私たちの身体に内蔵されている。
求められているのは、美しい低層部を持った高層建築を建て、目の高さにすばらしい街を実現することである。」

とありました。

久々に文献を読んで、ガツンときた文章でした。

なんのことはない、答えは僕らの身体に内蔵されている。
違和感を言語化できてスッキリしました。

3年という節目に、
たくさんの先輩方、同僚、仲間に
恵まれていることを感謝しつつ

茨木を良くすることに貢献できるよう
頑張りたいと思いました。

2021年2月10日

臨時会閉会

今期最初の議会が閉会しました。

各会派から1名で構成される役員選考委員会で一致し、
議長は河本議員(公明党)
副議長は福丸議員(自由民主党・絆)となりました。

コロナウイルスワクチン接種の実施に向けた体制構築のための
「補正予算第11号」(市長の先決処分)

これの承認も行われました。

私は総務常任委員会の所属
土地開発公社理事となりました。

2021年2月8日

臨時会開会

市議会の臨時会始まりました。
案件は、役員選考と人権擁護委員の選任、1月の市長の専決処分の承認などです。
10日までの予定です。
https://www.city.ibaraki.osaka.jp/material/files/group/73/gijinittei-R03_0208.pdf

2021年1月12日

つながりだよりVol.30発行

2期目最後の議会ニュース、「つながりだよりVol.30」を発行しました。

今回は委員会の質問の一部(オモテ面)と、
2期目に行った主な議会質問や要望のまとめ(裏面)を掲載しています。

以下のURLから見ることができます。
https://www.s-yonekawa.net/pdf/tsunagu30.pdf

2020年8月6日

議会iPad研修 ペーパーレス化も視野

議会でiPad研修がありました。まずは市からの情報提供、

そして今後は議会のペーパーレス化も視野に導入されたものです。毎度、市職員は各議員(会派)に報告に来てくれてはったので、負担軽減につながると思います。資料はサイドブックスというアプリで閲覧して、線引いたりメモ書いたり、全文検索できたりします。

なお、市が管理する備品なので、今のところ自分でアプリは入れられません。

2020年6月15日

コロナ対策第三弾の補正予算

コロナ対策第三弾の補正予算は金曜に全会一致で可決しました。今日からもう一つの補正予算の審議で、私も5番目に質問します。持ち時間は10分。

1人1台端末のGIGAスクール構想と、公園の遊具の安全確保について取り上げます。なお、小中学校の通常授業再開に伴う感染症対策や熱中症対策、コロナ禍における避難所対応については担当課に要望をしています。

2020年6月9日

6月議会スタート

今日から6月議会スタートします。提出予定案件は以下から見れます。コロナ対策第三弾と通常の補正予算案2本が市長側から提案され、審議します。

2020年5月26日

6月議会の議案説明

6月議会の議案説明がありました。今回は補正予算が二段構え。コロナ関係を6/12に審議、議決して、それ以外の補正予算を6/15以降に審議、議決する予定です。下記の項目以外にも、多くの項目の対策がありますので、また追ってご報告します。10万円給付については、5/25時点で8万3千件の申請(65.2%)。オンライン申請は4500件強のうち、今日1600件振込。とのことでした。

2020年5月7日

5月末までの小中学校の対応について

・緊急事態宣言が5月31日まで延長されましたので、茨木市としても小中学校の休校措置が31日までとなりました。

・中学校の入学式も延期
・夏休み 8月 1日〜8月16日、冬休み12月26日〜1月 4日
・登校日、オンライン授業、見守り登校についても記載されています。

以下、議会事務局から全議員に送られたメールです。
【5月7日決定】市立小中学校における5月11日以降の対応について
国からの緊急事態宣言が5月31日まで延長されたことに伴い、本市小中学校の臨時休業措置を延長するとともに、下記の対応を実施します。

(休校期間)
令和2年5月11日(月)〜5月31日(日)
(児童生徒が学ぶことができる環境づくり)

国の基本的対処方針(5/4)及び大阪府からの要請(5/5)に基づき、感染予防に最大限配慮した上で、段階的に学校教育活動を再開し、児童生徒が学ぶことができる環境を作っていきます。

①登校日
5月11日(月)より、登校日を実施し、休校期間中の児童生徒の心のケアや学習支援を行います。
・児童生徒一人あたり、週1回とします。
・分散登校を行い、1教室の人数を15人以内とし、座席等の距離も1〜2m離します。
・学校にいる時間を、2時間までとします。
・授業日ではありませんので、参加できない場合も欠席とはなりません。
・詳細は、各校のホームページでお知らせします

②茨木っ子オンライン授業
5月18日より、全児童生徒対象の茨木っ子オンライン授業を実施し、休校期間中の学びを保障します。
・ネット環境がないご家庭には、DVD配布やタブレット貸し出しを行い、全ての児童生徒が視聴できる環境を整えます。
・登校日に、学習課題やワークシート等を配布するとともに、必要な児童生徒にDVD配布とタブレット貸し出しを行います。
・授業動画を見ながらワークシートやノート等に書き込み、次の登校日に持ってきてください。
・詳細は、登校日に配布するプリントでお知らせします。

(見守り登校)
国の緊急事態宣言が延長されたことをうけ、小中学校とも規模を縮小した形の見守り登校を継続します。

(中学校の入学式)
授業実施が可能になる時まで、延期します。

(夏休み及び冬休み)
休校期間における小中学校の授業時数を確保するという観点と、自粛することを強いられている子どもたちに自由な時間を保障するという観点から、今年度の夏休みと冬休みを下記のとおりとします。(すべて土日休日を含む日数)

 夏休み  8月 1日〜8月16日(16日間) ※19日間短縮

 冬休み 12月26日〜1月 4日(10日間) ※ 4日間短縮

以上については、現時点での決定になりますので、状況が変われば変更になることもあります。以上です。

2020年5月1日

臨時議会

5月8日の臨時議会を前にして、行政から議案の内容が示されました。

■10万円給付等、国や府に対応した内容:約295億3800万円

■市独自の支援策:約13億4300万円→事業者応援給付金の支給、児童扶養手当受給世帯への臨時給付金の支給、来年3月まで小学校給食費の無償化、高齢者・障害者、就学前児童がいる世帯、民生委員へのマスク配布などなど

■それと、別件の報告で、駐輪場・駐車場の定期を1か月延長(延長分は無償)

とすることも報告受けました。対象は、緊急事態宣言解除後も引き続き継続して契約される方のうち、令和2年4月8日以降に定期券を使って一度も利用されてない方、全学生です。詳しくは、読みづらいかもしれないですが、添付の写真(資料)をご覧ください。※資料4点補正予算全体説明10万円給付の詳細駐輪場駐車場の定期延長#エール茨木 の取り組み