blog | 茨木市議会議員 米川勝利のWEBサイト


2019年9月25日

河川内の堆積土砂対策

河川内の堆積土砂対策について、大阪府茨木土木事務所からの報告です。

今年度、資料掲載の地点で安威川に溜まった土砂を取り除く工事が2月末で完了しますが、
追加で茨木川の巡礼橋下流でも行われることになりました。

1

2

3

2019年9月17日

敬老会と選挙支援

先週、常任委員会が終わり、昨日は敬老会に出席させていただきました。

そして今日は兵庫県猪名川町の石井洋二議員の応援に行ってきました。
折々に情報交換させていただいていて、大変お世話になっています。
今回、4期目の挑戦をされます。

70123722_2347464761997353_2661090362835075072_n

70419673_2347463578664138_3684116478564499456_n

2019年9月7日

本会議質疑

今回の本会議での予算質疑は手話通訳者の養成と
電子図書館(電子書籍貸出サービス)導入について取り上げました。

■手話通訳者の養成の課題
手話通訳者は現在、高齢化が進んでおり、すでに人材不足となってきています。
今後、自治体が手話通訳者(士)を確保するのは益々厳しくなってきます。
国として施策を進めるべきで、すでにモデル事業がされていますが、
自治体としても手話通訳者の手前である手話奉仕員養成や、広く関心を持ってもらえるような取り組みが必要です。
学校教育段階での取り組み、大学との連携を提案しました。

■電子図書館
7月にブログで書かせてもらった大和高田市さんが導入している電子図書館について取り上げました。
いつでもネット上で本を借りて閲覧できるサービスです。
詳しくはブログをご覧ください。
https://www.s-yonekawa.net/2019/07/13/%e5%a4%a7%e5%92%8c%e9%ab%98%e7%94%b0%e5%b8%82%e3%81%b8/

広告事業や、図書館基金で寄付を募って財源確保して、進めてほしいと考えています。
まだ、答弁としては「研究します」という段階です。

2019年9月4日

明日から9月議会

明日5日から9月定例会が始まります!
27日までです。
9月は前年度の予算が適正に執行されたかどうかをチェックする決算審査があります。

詳しいスケジュールはこちら
https://www.city.ibaraki.osaka.jp/material/files/group/73/shinngi010903.pdf

私の出番は明日回ってきそうです。
手話通訳者の高齢化と人材不足の課題、養成についてと
電子図書館(電子書籍貸出サービス)導入の可能性について質問します。

2019年8月21日

流山市長のお話を聴きました

有名なキャッチコピー「母になるなら、流山市」
昨晩東京で、千葉県流山市の井崎市長のお話を聴くことができました。
現在5期目。
明確なビジョン、マーケティングの重要性を学ばせていただきました。

68808687_2299503756793454_6471164406691528704_n

2019年8月15日

葬式の名人 イオン茨木で先行上映

オール茨木ロケの「葬式の名人」
明日から茨木だけで先行上映です。

公式サイト
http://soushikinomeijin.com/

2019年8月9日

つながりだよりVol.23できました

今日は総務常任委員会の勉強会といろんな課にヒアリング。

新しい議会ニュース(Vol.23)届いたので、週明けからポスティングしていきます!
こちらからも見れます。
https://www.s-yonekawa.net/past/

67873009_2278359738907856_8910307498372628480_n

2019年8月7日

南グラウンドで試掘

新施設建設に向け、南グラウンドで埋蔵文化財試掘調査中です。
https://www.city.ibaraki.osaka.jp/…/…/menu/kaitai/44685.html

67703256_2274714312605732_8614971210498834432_n

2019年8月5日

地元の盆踊り大会

今年もやってきました地域の盆踊り大会。
7月27日、31日
8月1~2日の準備に参加しました。
(2日にちょっと体調が悪くなり、戦力外となってしまいましたが・・)

67777928_2266004246810072_4909479968192331776_n

67563345_2266004283476735_1089627151386279936_n

8月3、4日の本番では地域のみなさんとお話をしたり、
盆踊りに参加しました。
お声を聞ける貴重な機会です。

67591933_2270273119716518_940001468730048512_n

67529252_2270273096383187_8870276616467513344_n

企画、準備をされたみなさま、お疲れ様でした。

2019年7月13日

大和高田市へ

電子図書館の視察で奈良県大和高田市に行きました。
近場であるため、今回も自費で。

「時間的に図書館になかなか借りに行けない」
「(夜10時頃に)今、この本が読めたら・・!」

そんなことを度々思っていた時に、電子図書館の事例を思い出しました。
千代田区が確か2010年頃から初めていますが、課題が多くなかなか普及していないと以前聞いていました。
しかし、最近は状況が変わってきたようで、70の自治体が導入しています。

そこで、関西で直近で導入されたのはどこかと調べたところ、大和高田市さんにたどり着いた、というわけです。

電子図書館の書籍は市民じゃないとログインできなくて、
きちんとイメージを掴めなかったんですが、
ようやく見て、操作もできました。

これはいい!何よりの感想です。
(※大和高田市さんは利用可能な対象者に在勤在学を加えておられます)

さて、具体に記すと、
大和高田市は人口6万5千人のまちで、図書館は1つ。
電子図書館ですので、本を置くスペース等一切不要ですが、
図書館流通センターが指定管理者として運営されています。
始まってちょうど1年だそうです。

導入背景は3つ
①収納スペース
②参考書を通常の図書館では入れられなかった
③マンガの貸し出し
④障害者差別解消法や高齢者対応(読み上げや拡大、反転機能)

貸し出し件数は1年で4452件。
コンテンツ数は8184。
人気なのは絵本、料理本、資格取得に向けた参考書です。
絵本は有名な俳優さんが読んでくれて、しかも「動く」というもの。(動く絵本)

雑誌はライセンスを期間限定にして、どんどん新しくしていくという手法がとられています。
普通の図書館なら廃棄するという作業があるわけですが、そういう手間がありません。

職員の事務作業としてもほとんど手がかからないとのこと。
貸出も返却も窓口対応不要ですし、督促も必要ありません。

今まで図書館を利用してこなかった人、あるいはずっと来ていなかった人が電子図書館を利用するようになったということでした。

私自身は紙の本が好きですが、場面によっては電子書籍と使い分けをしています。

それぞれの良さがあります。

大和高田市さんでは、電子図書館は図書館とは全く別物と捉えているとのことでした。
書籍もほとんど被ってないようです。

電子図書館の委託料は700万円。

茨木でやろうとするときには財源のことを考えないといけませんが、
700万でこれだけのサービスを提供できれば
市民にとってかなりプラスになると感じました。

他市も調べて、検討していきます。

66455165_2230143397062824_6010782034690048000_n
(館長と)