blog | 茨木市議会議員 米川勝利のWEBサイト


2021年6月18日

地震から3年&人間の次元

大阪北部地震から3年が経ちました。

以下、まとまりのない文章ですが…

この3年は本当に濃かった。
昨年からのコロナ禍の影響もあいまって

災害時、有事に
議員は何ができるだろうと考え、行動しています。
でも思いが至らず、失敗することもあります。
現在進行中のワクチン接種事業においても
自分自身、反省することが多くて悔しいです。

他方、茨木市では目下、新施設(新市民会館)の建設が進み、
阪急茨木市駅西口の再開発という大きな課題を検討中です。
(JR茨木駅西口、安威川ダム周辺整備などもありますが)

茨木のまちが大きく変わろうとする重要な局面。

3月議会で先輩議員の質問から気づきをいただき
6月議会で、モヤモヤに対する1つの答えを見出しました。

まちなかを歩き、見る中で、
これまで漠然とした違和感を抱いてきました。
家電量販店の跡地にマンションが建つ
大型スーパーの駐車場にもマンションが建つ
阪急西口にも高層マンションが検討されている
色味が突出した建物ができた
など、本当に良いのかと思いつつ
理性的な理由だけでは100%解決しない漠然とした「違和感」に
向き合ってこなかったのかもしれません。

でも、先日も少し触れたヤン・ゲール。
『人間の街~公共空間のデザイン』の中で、

「人間の次元=人間の身体や感覚に即した空間尺度」

という概念から始まり、

「建物と都市空間はどんどん大規模になっているが、それを使う人間は相変わらず小さい」

「人びとが心地よく街を歩き、自転車を利用するには、良質な人間的スケールの原則を都市構造の不可欠な一部にする必要がある。
今後、多くの理由から、私たちは多くの大規模な複合施設や巨大な高層建築を建設しなければならないだろう。
しかし、人間的スケールを無視する道を選んではならない。
人間の身体、感覚、移動特性は人間のための良好な都市計画を実現する鍵である。
すべての答えは私たちの身体に内蔵されている。
求められているのは、美しい低層部を持った高層建築を建て、目の高さにすばらしい街を実現することである。」

とありました。

久々に文献を読んで、ガツンときた文章でした。

なんのことはない、答えは僕らの身体に内蔵されている。
違和感を言語化できてスッキリしました。

3年という節目に、
たくさんの先輩方、同僚、仲間に
恵まれていることを感謝しつつ

茨木を良くすることに貢献できるよう
頑張りたいと思いました。

2021年6月16日

64歳以下の接種券について(先行受付も開始)

64歳以下の方への接種券の発送は7月中旬を予定とのことですが、
以下の方には先行受付&発送するという内容です。

①64歳以下の基礎疾患を有する方
②64歳以下で大規模接種センターでの接種を希望される方(モデルナ)
③職域接種(企業・大学等)で接種券が必要な方

茨木市ホームページにて接種券の先行受付を開始しました。
6月21日より順次発送です。

以下掲載ページです。
■基礎疾患のある方
https://www.city.ibaraki.osaka.jp/…/shingata…/51087.html
■64歳以下で、大規模接種センターでの接種を希望される方
https://www.city.ibaraki.osaka.jp/…/shingata…/51219.html

2021年5月31日

6月中旬までに全世帯配布予定の市からのお知らせ内容

6月中旬までに
全世帯へ郵送予定のワクチン接種に関するお知らせ内容が
市のホームページに載りました。
https://www.city.ibaraki.osaka.jp/material/files/group/1/R30531shingatacoronavaccineDM.pdf

7月末までに65歳以上の希望する方全員が
1回目を接種できることとなっています。

2021年5月29日

6月以降のワクチン接種(一旦の情報)

本日、茨木市ホームページに6月以降のワクチン接種について
情報が追加されました。
詳しくは6月中旬までに全世帯に郵送される「お知らせ」
であることには変わりありません。
▼こちらの市ホームページをご覧ください。
https://www.city.ibaraki.osaka.jp/saigai/51015.html

その中から画像を2枚引用します。
1つは接種予約のフローチャートです。

もうひとつは、集団接種の予約方法が変わるので、
予約券に関してです。

まだまだ、「こういう場合どうなるの?」ということが
浮かんできます。
確認が取れましたらまたアップしたいと思います。

2021年5月19日

市のワクチン新情報

【市のワクチン新情報】

詳しくは下記のリンクでご確認ください。
▼詳細説明のページhttps://www.city.ibaraki.osaka.jp/…/shingata…/51002.html

以下概要です。
■集団接種の予約方法の変更など詳細情報を掲載したお知らせ
→6月上中旬までに市内全世帯に送付

■集団接種の予約方法の変更
①先着順はやめる。
②特に65歳以上は「年齢を基本とした抽選方式」に変更
③抽選のための申し込みは不要
※抽選方法はホームページ参照

■個別接種
①6月以降、ワクチンが十分に供給される
②65歳以上はかかりつけ医でのワクチン接種(個別接種)始まる
③かかりつけ医がおられない方、かかりつけ医でワクチン接種が行われない場合は集団接種へ

▼市長メッセージはこちらhttps://www.city.ibaraki.osaka.jp/saigai/51014.html


まだまだ不明点があると思いますが、
一定の方向性が示されました。

市民の皆様からお問い合わせを多くいただいておりますので、
この件含めて、引き続き要望してまいりたいと思います。

2021年5月10日

窓口予約中止に関する市長メッセージ

5月10日の市長メッセージです。以下引用です。

新型コロナワクチンの集団接種について、窓口受付を中止といたします。

窓口予約は、当初、ネット環境がなく電話も不便な方のご利用を想定しておりました。ですが、接種のご希望が殺到した結果、長時間にわたり並ばれる方が回を追うごとに著しく増え、皆さまの健康や安全を損なう危険が生じたことから、急きょ中止の判断をさせていただきました。

今後は予約システム(Web)と電話の二つの受付方法となります。

既に皆さまにお伝えした内容を変更する判断となりますこと、大変に申し訳ございません。

なお、ワクチンは希望者全員分が順次供給され、6月以降、より多くの皆さまに接種いただける予定です。詳細は近日中にお伝えいたします。

皆さまには引き続きのご心労をおかけいたしますが、今しばらくお待ちくださいますよう、ご理解のほど何卒よろしくお願い申しあげます。

2021年5月10日

ワクチンの窓口予約は中止となりました

5/10予約スタートの南市民体育館分ですが、
福祉文化会館の窓口受付は前日の21時には多数並ばれ、
市民のみなさまの健康状態を考慮し整理券を配布、終了となったようです‥。

そして、5/12以降分の福祉文化会館窓口での予約は当面中止、という判断とのことです。

5月12日 イオンスタイル新茨木店
5月14日 東市民体育館
5月17日 市役所南館
この3つの窓口予約が中止ということになります。取り急ぎお知らせです。

※元々窓口での予約は、ネットも電話も利用できない方向けのものです。

※聴覚や発語に障がいがある方等はFAXでも予約可となっています

※茨木市内高齢者約7万人に対し、ワクチンは現在、合計で約6500人分しかありません。

https://www.city.ibaraki.osaka.jp/saigai/50699.html?fbclid=IwAR3eA69X5Q_DJbjuuCN48y3TcJwfyo7iajBJbcp0SVieBhmYILz2FqpxVQQ

2021年4月26日

コロナワクチン接種を希望される65歳以上の方へ

【コロナワクチン接種を希望される65歳以上の方へ】
本日26日から配布の「広報いばらき」をご確認ください。
方法や接種場所、日程のことなどが記載されています。
家族の方もご一読いただければ幸いです。

▼広報いばらきはこちらからも閲覧できます。
https://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/kikaku/machimiryoku/menu/kohogakari/kohoibaraki/kohoibaraki_pdf/2021/50863.html

2021年4月16日

研修2日目(北大の野口先生&「どじょうすくい女将」)

午前中は市町村議員特別セミナー(2日目)
午後は役所で要望。3月議会終わってから、役所とのやり取りが例年より多くなっています。

さて、今日の3コマ目。

■これからのスマート農業~新しい地域農業の創生
北海道大学大学院農学研究院教授 野口伸氏

今の日本には、スマート農業技術の導入が不可欠
というのはよく理解できました。

あとは、誰が負担するのかを含め、コストの問題が大きいように感じました。

資料の転載禁止は今回も同じなので、以下、メモです。

・スマート農業の必要性
→基幹的農業従事者は5年前から29.8万人減(175.4万人)
 ・平均年齢67.0歳(65以上は64.6%)
 ・未来投資戦略2018

・スマート農業で期待される効果
 →労働力不足の解消
  技術継承(※熟練の知が伝わらない→データ化)
  生産の低コスト化

・農業データ連携基盤
 →プラットフォームづくり(WAGRI)

・なぜ水田から始めているか
→日本農業イノベーション=水田農業の変革
 日本の耕地面積(450万ha)のうち54%が水田


まとめ
・就業者人口減少と高齢化が進む日本農業において、スマート農業技術の導入は不可欠
・内閣府SIP 次世代農林水産業創造技術
→水田農業のスマート農業技術の開発、その核となる農業データ連携基盤(WAGRI)を構築

・ロボット農機の小型化と低コスト化は課題だが、近い将来実現。
・中山間、野菜、果樹のスマート化はこれから。技術と基盤整備は車の両輪

■4コマ目
令和の戦国武将・今女将が地域と共に立ち上がる
「島根県さぎの湯温泉 竹葉」女将 小幡美香氏
しまね観光PR大使/「どじょうすくい女将」

足立美術館 18年連続日本庭園ランキング1位(日本庭園専門誌)
このそばに旅館があるそう。

・守破離+創

個人的に欲を言えば…
コロナ禍で旅館の経営状況が数字としてどういうことになっていたか
メディアに多数出てらっしゃるが、それが旅館経営や、島根への観光にどう影響したか
GoTo施策に対する考え、評価

などお聞きしたかったです。

2日間4コマのオンライン授業、2000円は破格。
さすがJIAMです。有難い。

また受講してインプットしていきたいと思います。

2021年4月15日

研修(京大の広井先生&生駒市長)

全国市町村国際文化研修所(JIAM)の
市町村議員特別セミナー(1日目)
オンラインで受講しました。

■1コマ目 人口減少―ポストコロナ社会のデザイン
・広井良典氏/京都大学こころの未来研究センター 

■2コマ目 コロナ禍のピンチをチャンスに変える自治体になるためには?
・小紫雅史氏/生駒市長

京大の広井先生のお話で学んだことは
「戦後の流れをデータをもとに分析し、
次の時代に何が必要かを読む」
「ポスト情報化時代の幸福度」
ということだと思いました。

生駒市長のお話では、
ビジョン・ミッション・バリューが大事
ということだと感じました。

以下、メモです。

【広井先生】
・今日は戦後の人口推移(移動)や

昭和:拡大・成長、集団で一つの道に
平成:失われた〇年
令和:本格的な人口減少・成熟社会への移行
 →各人が自由度の高い形で多様な働き方、生き方をデザイン、自らの創造性を伸ばしていく

という説明がありました。

・また、日本の都市の中心市街地では人口20~30万であっても
シャッター街となっている一方で
ヨーロッパはいい感じになっている事例が挙げられていました。

例えば、日本では
「カイシャ」と「(核)家族」が居場所の中心

⇔エアランゲン、フランクフルトなど
中心部から自動車排除と歩いて楽しめる街 

・歩いて楽しめるまち ウォーカブルシティ
→コミュニティ空間を重視したまちづくり・地域づくり

・1950~1970年→「ムラ」を捨てる政策
 1980年~90年頃「マチ」を捨てる政策  ※イオンモール登場が1992年
 2000年代~新たな萌芽と転換期

ローカライゼーション
→ローカルなヒト・モノ・カネの循環から出発する経済システムが重要

・経済空間的ユニットの進化
農業(ローカル)→工業化(ナショナル)→情報化(ポスト工業化、グローバル)→ポスト工業化(ローカルから出発してナショナル、グローバルへ)

・人生前半世代の社会保障について、若者支援を特に強調されていました。


【小紫 生駒市長】

何かと話題の生駒市(長)のお話。
こちらも初めてお聞きしました。

・ビジョン(あるべき状態)
 ミッション(役所が行うべき役割)
 バリュー(役所が大事にする価値観)

ということや

・自治体3.0ということで市民ととともに汗をかく(協創)
ということを熱弁されていました。

・生駒市の外部のプロ人材を採用していくことや
副業・リモートOKなど、振り切っているところは興味深いと思いました
(実際の組織内がどうなっているか気になるところですが)

・あと、40年後も公務員の終身雇用はあり得ない。
だから今採用する若手は、たとえ役所を辞めても
他のところで生きていけるぐらいに育てる
というような趣旨もおっしゃっていて

100%同意ではありませんが、その精神は大切だと感じました。